トップページの中の賃借の流れ(入居希望の方)の中の入居審査・契約

入居審査・契約

  • Step1 物件探し・申込
  • Step2 入居審査・契約
  • Step3 入居前チェック・引越
  • Step4 更新・解約通知
  • Step5 過去・敷金清算

入居審査・契約


疑問点はしっかり質問して内容の理解を
入居申込みを行うと、物件のオーナー側で入居審査を行います。そのまま審査が通る場合もありますし、連帯保証人追加や保証会社加入等の条件が付く場合もあります。審査が通り、借主および貸主の契約の合意が取れた段階で、各種契約条件(賃料、賃料発生日、更新料、保証人等々)が確定し、賃貸借契約の締結となります。


入居審査のポイント

入居審査は、オーナーさん自身が判断をする場合もありますし、実質的に管理を委託されている管理会社が判断している場合もあります。審査のポイントは、きちんと賃料を支払えるのかどうか、隣人トラブル等を起こさないかどうかが大きなところです。賃料を安定して支払えるのかどうかについては、申込者自身の年収や勤務先、また連帯保証人の有無等で判断を行います。最近は、支払能力のチェックとして、保証会社の保証が受けられることを条件とすることも多くなっています。

契約時に気を付けること

入居審査を通過すると、契約日が設定されます。不動産業者から、契約に必要な書類、必要なお金等の連絡がありますので事前に準備をします。
契約日には、必要なものを持って、指定された場所で契約を締結します。契約の前には、必ず宅地建物取引主任者による重要事項説明があります。物件や契約条件等で不明なところや疑問点があれば、しっかりと質問して内容を理解してください。

契約書で建物の設備としてあるものは、オーナーの所有で、故障の際に修理する義務はオーナー側にあります。しかし、前賃借人等が残していった残置物となっているものは、故障しても借主側で対応をしなければなりません。したがって、設備なのかそれとも残置物なのかは、契約時に明確にしておく必要があります。
  • 契約期間
  • 賃料開始日
  • 解約の条件
  • 更新料
  • 敷金の取扱・
    原状回復等々

契約の前には、必ず宅地建物取引主任者による重要事項説明があります。物件や契約条件等で不明なところや疑問点があれば、しっかりと質問して内容を理解してください。