トップページの中の賃借の流れ(入居希望の方)

「物件探し・申込」から「退去・敷金精算」までの流れを
5ステップでご紹介します。

物件探し・申込

物件探し・申込 イメージ

住まいに関する希望をリストアップ
賃貸の最大のメリットは、勤務先や家族構成等に応じて、フレキシブルに住まいを実現できることです。人気のエリアに住んでみたい、通勤が楽なところに暮らしたい、家族が増えたのでもう少し大きな間取りに住みたい等々、住まいに関する希望をリストアップして、物件を探し始めましょう。


と

入居審査・契約

入居審査・契約 イメージ

疑問点はしっかり質問して内容の理解を
入居申込みを行うと、物件のオーナー側で入居審査を行います。そのまま審査が通る場合もありますし、連帯保証人追加や保証会社加入等の条件が付く場合もあります。審査が通り、借主および貸主の契約の合意が取れた段階で、各種契約条件(賃料、賃料発生日、更新料、保証人等々)が確定し、賃貸借契約の締結となります。


と

入居前チェック・引越

入居前チェック・引越 イメージ

引越時の挨拶でトラブル軽減
契約を終え、賃料開始日になると物件の鍵を渡されます。ここから新しい生活のスタートが始まります。ただし、引越し前に引渡し時の状況を記録しておいてください。退去時のトラブルを回避することができます。


と

更新・解約通知

更新・解約通知 イメージ

更新も解約も期日をチェック
契約期間満了が近くなると、現状の賃貸借契約を更新(定期借家の場合は、再契約)するか期間満了で終了するか決める必要があります。また、契約期間中であっても、途中で解約をする場合もあります。こういった通知は、基本的に書面でやりとりを行い、後で「言った」「言わない」のトラブルが起こらないようにします。


と

退去・敷金清算

退去・敷金清算 イメージ

入居前チェックが役に立つ
解約通知を書面で提出し、退去日までに引越しを行い、物件の鍵を管理会社等へ返却して、退去が完了です。その後、物件の現状を確認し、敷金精算となります。