トップページの中の売却の流れの中の売買契約・抵当権抹消等・決済

  • Step1 はじめにすること
  • Step2 委託業者選び・物件査定
  • Step3 媒介契約・販売活動
  • Step4 売買契約・抵当権抹消等・決済
  • Step5 売却後にすること

売買契約・抵当権抹消等・決済


売却の理由を明確にするからこそ、条件交渉が精査できる
買主からの購入申込みに値引き等の条件がついている場合が良くあります。一番初めの売却の理由を考慮して、個別に買主からの条件を精査します。条件が合えば、不動産の売買契約を締結します。その後、売買契約に基づいて、測量の実施、抵当権抹消の手続き申請等を行い、決済をむかえます。


購入申込書と交渉

購入申込の値引き交渉等に対して、どのように対応したらよいのか。ここでのコツは、あまり欲張りすぎないことです。

経験上、なるべく高く売却しようとして、いくつかの申し込みを断ったあげく、結果として、断った申込書が一番良い条件だったことが何度かあります。多少、損したと思っても引き合いがあるうちが華だと思って進めた方が良いことが良くあります。

ただ、価格以外の引渡しの時期や、各種特約の条件について、どうしても譲れないものは強く交渉しなければなりません。最終的に一番権限が強いのは所有者である売主です。どうしても納得のいかないものであれば、断って、次のお客さんを待つ必要があります。価格を含めて、各種の条件が整えば、売買契約となります。


不動産売買契約

不動産業者に不動産売買契約を作成してもらいます。可能であれば、契約の前に、事前に契約書をもらって、内容を見ておくことが重要です。売主は、不動産を手放す方なので、それほど多くのポイントはありませんが、最低でも下記の事項を確認してください。

  • 不動産価格
  • 公簿取引と実測取引
  • 支払条件(手付金、残金等をいつまでにどういう形で支払うのか)
  • 境界の確定方法(新しく測量をするのかどうか)
  • 瑕疵担保責任の有無(築年数が古ければ、免責にしておく方が安心)
  • 引渡し時の状態(完全に退去するのか、引渡しの猶予機関があるのか)
  • 住宅ローン条項の有無(無理な住宅ローンになっていないかどうか)
  • 違約条項の内容(違約金はいくらに設定されているのか)
  • 特約の内容

売買契約後の流れ

契約書に基づいて、決済までにしなければならないことをスケジューリングします。

抵当権がついている場合はその抹消手続きの申請、測量が必要であれば測量士等の手配、隣接所有者との覚書等々、契約書で売主の義務として求められている事項に関しては、不動産業者を通じて買主と日程を調整します。特に、住宅金融公庫の抵当権抹消、遺産分割と相続登記、隣接所有者が多い場合の測量等には、数週間から1か月程度時間がかかることも良くあります。

契約が完了した時点で、不動産業者とよく話をして、決済までの流れの説明を受けて、準備を行ってください。決済当日には、司法書士から言われた必要書類等を持参して、登記の委任状に署名捺印(実印)をして、買主からの支払いを受け、各種支払いを完了させます。

値引き交渉等にはあまり欲張りすぎず、引き合いがあるうちに交渉を進めましょう。
契約に関わる必要書類は契約前日までに読んでおく契約で不安や疑問を感じたらその場で質問。解消されない場合は契約をしない。