トップページの中の売却の流れの中のはじめにすること

  • Step1 はじめにすること
  • Step2 委託業者選び・物件査定
  • Step3 媒介契約・販売活動
  • Step4 売買契約・抵当権抹消等・決済
  • Step5 売却後にすること

はじめにすること


売却する理由を明確にする
不動産の売却をする理由はたくさんあります。家族構成の変化によって間取り等が暮らしに合わなくなった、転勤や転職によって現在の住まいには暮らさなくなった、老後資金や納税費用のために資産を現金化したい、住宅ローンの支払いが厳しくなって仕方なく売却する等々。売却理由によって、委託する業者、価格設定、販売方法が異なります。はじめに売却する理由を明確にしておきます。


売却の準備

売却を不動産業者に依頼する前に、売却の準備をしておくとその後の進行がスムーズになります。

まず、売却する不動産を購入したときの資料を集めてください。具体的には、購入時の売買契約書、重要事項証明書、公図、謄本、測量図、建物配置図、建築確認等々があります。また、隣接所有者との間に合意書、覚書等(隣地所有者との測量立会印、越境解消の覚書、道路の通行、掘削等の承諾書、共有地の使用方法等についてなどなど)があるのかないのかも確認しておいてください。もし、購入時の書類が何も見つからない場合は、売却後に譲渡所得が発生する可能性が高くなります。

周辺相場の事前調査

インターネットの不動産ポータルサイト(Yahoo不動産、ホームズ、アットホーム、スーモ、アドパーク等々)等で、対象不動産の相場を事前に確認してください。具体的には、駅からの距離、土地の広さ、建物の広さ、築年数等々が同じような物件を探し出します。

例えば、土地であれば価格を面積で割って、u単価や坪単価を算出して、自分の不動産の価格を算出してみます。マンションであれば、同じマンションでの最近の売却価格をu単価や坪単価に直して、所有している物件の専有面積をかけてみるのが良いと思います。戸建の場合は、単純比較はできませんが、同じような場所で、同じくらいの広さの新築がでているのであれば、その価格より高く売るのは難しいと思います。

客観的な目で、他の物件がこれくらいの価格なら、自分の物件はこれくらいの価格かなといった感じで概算します。周辺相場を頭に入れたうえで、次に、不動産業者に物件の査定をお願いします。

売却の理由を明確にすることが今後の売却活動において重要なポイントとなります。
周辺相場はインターネットで事前に確認し、自分なりの不動産価格を算出してみましょう。