トップページの中の買い替えの流れ

買い替えの流れ

一時買い取り保証

不動産投資の基本 イメージ

買い替えのタイミングは2通り
通常、買い替えでは、売却によって受領した物件代金等を新しく購入する物件代金に充当します。したがって、所有物件の売却と新しい物件の購入のタイミングを合わせる必要があります。しかし都合よくタイミングが合うことは非常に稀です。

買い替えのタイミングとしては、売却の契約が先に決まり、購入する物件の契約が後から決まるケース(売り先行)と購入する物件の契約を先に行い、後から売却の契約をするケース(買い先行)の2通りがあります。


買取り保証は市場相場の2〜3割安い金額に

売り先行の場合は、売却代金が確定するため、購入物件の資金計画が比較的立てやすいのが特徴です。また、購入する物件の不動産売買契約に買い替え特約(仮に、売却の不動産売買契約がダメだった場合に、購入物件の売買契約も白紙解約になる旨)を付けるのが一般的です。

買い先行の場合、売却がいくらでできるのか不確実な状態で、購入物件の売買契約を締結することになります。新しく購入する物件の売主が、売買契約に買い替え特約(仮に売却ができなかったら白紙解約の旨)を許してくれるのであれば安心(仮に所有物件の売却ができなくても白紙解約できる)ですが、通常は許してくれません。したがって、買い先行の買い替えにおいては、売却がスムーズに進まなかった場合の対応を決めておく必要があります。

その対応の一つが、不動産業者による買取り保証です。ある一定期間中に売却ができなければ、不動産業者が物件を買い取る方法です。ただし、買い取った不動産業者は、転売によって利益を生むため、通常、市場相場の2〜3割安い金額にしかなりません。

ハッピーハウスの一時買取り保証

買取り保証による価格の不満を解消するのが、ハッピーハウスの一時買取り保証です。弊社の一時買取り保証は、転売による利益を目的としておりません。あくまでも、仲介手数料相当分の利益を目的としています。買い先行で売りが決まらずに買い替えのタイミングが合わない場合、一時的に弊社が一時買取り保証価格で買取り、通常の売却活動を行い、売却が成立した際に仮に転売益がでる場合は元の所有者にその差額を還元しています。一時買取り保証に関わる各種諸経費は、元の所有者の負担となりますが、それ以外は、通常の相場で売却できたと同じことになります。

買い替えの際の売却と購入のタイミングを合わせる方法の一つとして「買取保証」や当社独自の「一時買取り保証」などを活用して、賢い買い替えをしてください。