トップページの中の不動産投資

投資のサポート

不動産投資の基本

不動産投資の基本 イメージ

不動産投資は事業である
不動産投資は、一つの事業を始めることと同じです。新規の事業を起こす決意を行って、投資計画(事業計画)を立ててから、不動産投資を始めてください。


心構え

不動産投資は、不動産賃貸業という一つの事業を始めることと同じです。なんとなく儲かりそう、簡単に稼ぎたい等々、単に楽をして儲けたいという方は注意してください。不動産投資の基本が分かっていて、軌道に乗ってくれば、不動産投資はあまり手間のかかるものではありません。しかし、スタート時点での方向性を間違えるとその後のリカバリーをするのが非常に困難です。不動産投資業を起業する心構えで、しっかりと不動産に関することを学んでください。

不動産投資の事業計画

不動産投資は事業です。事業には事業計画があります。必ず不動産投資の事業計画を立ててから不動産投資を行うようにしてください。
不動産投資の流れは、物件を購入し、保有して賃料を得て、物件を売却して完了します。購入した時の価格と売却した時の価格で減価償却費、各種費用等を考慮しても利益が出れば、キャピタルゲインとなります(損がでれば、キャピタルロス)。また、保有しているときに不動産の所得がプラスになればインカムゲイン(損がでればインカムロス)となります。
不動産投資を始める前に、最低でも、事業期間とキャピタルゲイン(ロス)、インカムゲイン(ロス)がどれくらいになるのかを計画しておく必要があります。

不動産投資業を起業する心構えで、しっかりと不動産に関することを学んでください。
必ず不動産投資の事業計画を立ててから不動産投資を行うようにしてください。